借金楽になりたい人必見!債務整理やローン返済方法の一本化で借金の返済を楽にする方法

もう何年も前にしたカードローンをずっと返済している…。

手取りの収入が20万円もないのに、借金の残高が300万円を超えてしまった…。

借金の負担にお悩みの方にとって、「少しでも楽になりたい」「どうやったら抜け出せるかわからない」という精神的な苦しみは大変なものがありますよね。

消費者金融などのローンは、貸付利率が法律上ぎりぎりの上限になっていることがほとんどです。

なので、毎月の返済金額によっては「何年かかっても借金元本がぜんぜん減らない…」という状況になることは決して珍しくはないのです。

この記事では、借金返済から抜け出したい・早く楽になりたいと感じている人向けに、借金の負担を減らす方法として2つの方法を紹介します。

いずれもあなたの状況によっては非常に負担を小さくしてくれる有効な方法ですが、利用にあたってはデメリットもあるのが実際のところです。

利用を検討される場合には、以下で説明するようなことを理解しておいてください。

また、大切なことなので最初に結論からお伝えします。

『1年以上、借金の返済総額が減っていないor増えている。』

『このまま借金を完済するのは厳しいのは分かっているけど、利息だけ毎月支払うような状態が1年以上続いている。』

このような状態になっている方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

まずは、匿名・無料で使える無料シミュレーションサイトで1度自分の状況を確認して下さい。

借りている金額や会社から、どのくらい借金が減るのか1分で簡単にチェックできます。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけ。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けています。

匿名なので、会社や家族にバレることもありません。

まずは今すぐに、1度自分の借金はどれくらい減るのか確認をして下さい。
匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

借金から楽になりたい人が検討すべき2つの方法

現在の毎月の収入から考えて、大きすぎる金額の借金を負ってしまっている人は、次の2つの方法のどちらかを検討してみる価値があります。

・①ローン返済の一本化
・②債務整理

それぞれの方法のメリットやデメリットについて、順番に見ていきましょう。

①ローン返済の一本化とは

ローン返済の一本化とは、「おまとめローン」などの名前で受付されている金融機関のサービスを利用することをいいます。

もともとは銀行系カードローン会社が多く集まっているサービスでしたが、最近ではプロミスやアコムといった消費者金融でもおまとめローンを受け付けているところが多くなっていますね。

ローン返済の一本化の例

例えば、消費者金融Aから100万円・消費者金融Bから50万円の合計150万円の借入がある人がいたとしましょう。

この人が、新たに銀行Cからおまとめローンとして150万円を借り、AとBの借金は完済してしまいます(Cから完済するように指示されます)

その後は銀行Cに対する150万円の借金のみを返済していくという形になります。

ここではA100万円・B50万円と2本あった借金が、結果としてC150万円の1本になっていますから、「ローン返済の一本化=おまとめローン」といわれるわけですね。

このとき、銀行CはAとBの借金に設定されている貸付利率よりも低い利率を設定してくれるのが普通です。

利率が低くなれば、毎月の返済額のうち、元本返済に回るお金が多くなりますから、借金の負担を少し低くすることができるのです。

ローン返済の一本化のデメリット

上で見たようなローン返済の一本化(おまとめローン)のデメリットとしては、大きく分けて2つ挙げることができます。

1つは、借金の元本については負担軽減されることはないという点です。

利息については負担が小さくなる可能性があるのでメリットはありますが、すでに借金の金額がかなり大きくなってしまっている場合には「焼け石に水」ということも考えられます。

(その場合には、次で見る債務整理を検討しなくてはなりません)

もう1つのデメリットは、おまとめローンそのものにも審査があるという点です。

すでにたくさんの金融機関からお金を借りているという人の場合、新たに審査を受けても審査落ちとなってしまう可能性もありますから、この点は注意しておく必要があるでしょう。

②債務整理とは

借金の負担を軽減してもらうためのもう1つの方法が、債務整理と言われる方法です。

債務整理とは、ごく簡単にいうと、法律のルールによって借金の軽減を認めてもらう方法です。

具体的には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という3つの手続き方法があり、それぞれで減額してもらえる借金の幅は以下のように異なります。

・任意整理の場合:借金の利息を免除してもらえます
・個人再生の場合:借金元本を5分の1程度にしてもらえます
・自己破産の場合:すべての借金を免除してもらえます

このように書くと、「そんな都合の良い話があるの?」と感じる方がほとんどだと思いますが、これらは法律で決まっているルールですので、だれでも利用できる方法です。

(破産法や民事再生法という名前の法律があります)

ただし、債務整理には次で見るようにデメリットもありますから、これについても理解しておきましょう。

債務整理のデメリット

債務整理のデメリットとして挙げられることは、一覧にすると次のようなことがあります。

・手続き後、5年~10年間はローンやクレジットカードが使えなくなります
・保証人についてもらっている場合、手続き後には保証人に請求がいきます
・自己破産の場合、マイホームや自動車は手放す必要があります
・個人再生や自己破産の場合、官報にあなたの情報が掲載されます
・一度自己破産すると、その後7年間は自己破産はできません

実際問題としてデメリットになることが多いのは1つ目の項目(5年~10年間はローンやクレジットカードが使えなくなる)です。

これはブラックリストへの登録といわれるもので、債務整理の場合は基本的に避ける方法がありませんから注意しておきましょう。

債務整理は借金を合法的に軽減してもらえるという非常に大きなメリットがある一方で、こうしたデメリットもあることは理解しておいてください。

ただし、上のようなデメリットがあったとしても、借金が大きくなりすぎてしまっている人にとって、債務整理は非常にメリットの大きい方法といえます。

これまでにたくさんの人が債務整理によって生活の立て直しに成功してきていますから、あなたもぜひ検討してみてください。

債務整理の手続き方法

債務整理の手続きは、まず弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談することから始めるのが一般的です。

インタネットの受付サイトから申し込みをしたら、必要な書類や相談日時を指定されると思いますから、事務所に相談しに行くようにしましょう。

なお、初回の相談については無料で受け付けてくれる場合が多いですから、「まだ債務整理を実際にするかどうかはわからないけれど、話を聞いてみたい」という段階の人も、専門家への相談からはじめてみることをおすすめします。

無料相談の後、専門家に正式に依頼した時点で着手金が必要になります。

ただし、これにつても後払いや分割払いに応じてくれる事務所が多いので、「現在手元にお金がなくてこまっているんだけど…」という方も利用することができますよ。

まとめ

今回は、「もう何年も借金している」「借金から少しでも早くなりたい」という方向けに、借金の負担を軽減してもらえる2つの方法(ローン返済一本化と債務整理の2つ)について解説しました。

利息の負担を軽減さえしてもらえば大丈夫、という段階の方はローン返済一本化を選択するのがおすすめです。

一方で、「すでに借金を何年も返済している」という方は、債務整理を選択すべきケースが多いといえるでしょう。

どの債務整理の方法が適しているかわからない・そもそも債務整理すべきかどうか?に不安を感じている方は、一度、借金問題を専門にしている弁護士や司法書士に相談してみてください。

初回の相談料は無料である場合がほとんどですから、「債務整理が気になっているけれど、まだ実際に依頼するかどうかはわからない」という方も安心して利用することができますよ。



借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。

でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。

実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。

取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

匿名!誰にもバレずに☆1分かんたんチェック
借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化します。
1分で出来る借金減額シミュレーション